理想に近付く整形を考える

看護師 自身のコンプレックスにもなってしまうほくろを除去する方法は、まず専門医に相談をしてから適切な治療を受けることが大事です。専門医によるほくろ除去の手段としては、レーザーや電気メスなどが一般的になっています。

詳しく見る

医療機関探しのポイント

女性 ほくろにはさまざまな種類がありますが、治療することが可能です。医療機関を見つける際には実績が豊富であることと、さまざまな治療方法が持つメリットとデメリットを丁寧に説明してくれる医師がいることが重要です。

詳しく見る

ホクロを除去する主な流れ

顔に触れる女性 切開法と聞くと、大がかりなイメージですが、実際には簡単で、最も早くほくろを除去できる治療です。実際に除去をすると、今までの悩みは何だったのだろうと、拍子抜けするかもしれません。大きなほくろがあって気になる方は、1度診察を受けてみましょう。

詳しく見る

お手軽な美容

カウンセリング 大きなほくろが顔にあると正直かなり目立ってしまいます。そのぐらいならば、ほくろ治療を行って見た目を改善しましょう。今ではとても短い時間で、かつ低価格で治療を受けられます。ほくろが気になるならばクリニックを探してみましょう。

詳しく見る

ケアに関する悩み

女性 ほくろは良性のものですが、中には悪性のものあります。気付いたら広がっていた、色もちょっとおかしいということであれば、皮膚科を受診したほうがよいでしょう。良性のものも治療をすることでキレイに出来るようになっています。

詳しく見る

短時間でホクロ除去

女性

忙しくてもレーザーなら早くて簡単

ほくろのレーザー治療は、切開法と違ってダウンタイムが少なく、ほとんど痛みもありません。出血もなく、麻酔を使わなくても大丈夫な場合がほとんどです。また、治療時間も短いので、週に何度か通うだけでみるみる肌も綺麗になっていきます。うまくいけば、学校や仕事の休み時間中や、終わった後にも施術を済ませられるのです。1度で全部ほくろを除去するのではなく、何回かにわけて、皮膚の表面をレーザーで削っていきます。施術が終わった後は、テープで治療箇所を保護するので、範囲が小さければそれほど目立ちません。周りから見ても、ニキビやおできの治療をしたのかなと思われるくらいです。施術箇所が多ければ、何回かに分けて通院してもいいですし、マイペースに行えるのも魅力です。一気にやるとテープを貼る箇所が増えるので、自分で量を調整しながら、施術を受けるのがいいでしょう。少ない箇所の方が、学校や会社にも支障がありません。こうした手軽な施術方法から、レーザー治療は、ほくろ除去をしたい方達に注目されています。
ほくろのレーザー治療は、1度で全部取りきるのが予定的に無理な方、または短期間で一気に細かい小さなほくろを除去したい方に向いています。レーザーをした箇所は数日でかさぶたになります。このかさぶたが自然に剥がれるまで、テープで保護をし、本来の肌色に戻るまでケアをします。このことから、顔全体に施術をしてしまうと、外出時に目立ってしまいます。その為、外出を極力控える為に長めの休みを取るか、少しずつ除去をしていくか、患者さんの都合に合わせて治療方針を選ぶことができます。少しずつ除去をしていくとなると、何回も治療を受けるために病院に通わなくてはいけませんが、治療中の見た目の審美的な面においては最適な方法となります。予定が忙しい社会人や学生さんには、向いている方法と言えます。学生さんであれば、夏休みなどの長期休暇を利用して、一気にレーザー施術を行うこともできます。施術箇所が多いため、見た目はテープだらけになってしまいますが、きちんとケアと塗り薬を塗っていれば、休暇の終わり頃には綺麗な肌になっていますよ。

Copyright© 2019 ホクロのレーザー施術は安全で早く綺麗になる All Rights Reserved.