医療機関探しのポイント

女性

安心できること

ほくろにも種類があり、良性のものであれば取り除くことにリスクはありません。できる部位によってはコンプレックスとなる可能性があることから、きれいに取り除くことができれば、自信を取り戻すことが可能です。ただ、見た目だけで良性であるかを判断することは難しいので、医療機関で調べてもらうことが大事です。もしも良性のものでない場合には、原因を調べて適切な治療を受ける必要があります。いずれにしても、ほくろは治療することができるということです。方法としては直接切除するものと、炭酸ガスレーザーを使用して取り除く方法があります。直接切除する方法では、局所麻酔を行った後に切除します。メリットとしては切除した細胞を検査することから、良性のものであるか悪性のものであるかを正確に判断できることです。つまり、違う病気のサインであったとしても見逃さずに適切な治療をすることができます。炭酸ガスレーザーを使用した方法では短時間で受けることができるのが魅力です。一方で、患部を乾燥させると跡ができてしまうので、レーザー照射後はこまめに軟膏を塗るなど、ケアが必要です。
ほくろを除去するのであれば、まずはその種類を知る必要があることからも、治療実績のある医療機関を選ぶことがポイントです。実績の豊富な医師がいるということもポイントです。実績が豊富であれば技術が高いことはもちろん、経験から最適な治療を提案してくれます。また、直接切除するにしても、レーザー照射をするにしても、それぞれメリット、デメリットがあります。それらについて患者に対して細かく説明をしてくれるかということもポイントです。いずれの方法においても跡が残らないように治すためには、時間がかかります。何も問題がなければそれが一番ですが、治療後に異変があったときなどに速やかに対応してくれるかということも大事です。治療の方法についてはほくろの大きさや数、できた部位などから判断することが大事です。レーザーによる治療であれば大きさに制限があるからです。いずれにしても、メリットとリスク、さらには料金や必要な期間などの説明を受けて自分自身が後悔しないことが大事です。

Copyright© 2019 ホクロのレーザー施術は安全で早く綺麗になる All Rights Reserved.