ケアに関する悩み

女性

スキンケアを行う

ほくろの治療を行った際に注意をしなければいけないことは、スキンケアです。治療方法によってもケアの方法は異なってくるので、クリニックに相談をしてみるとよいでしょう、ほくろを除去したばかりのころはお肌の状態も不安定ということがあるので、出来るだけ触らないようにする、雑菌が入らないようにするなどの注意も必要になってきます。お肌の状態が安定するまで普段通りのスキンケアを行ってはいけない、もしくは行ってもいいけど、リスクが生じる可能性がある、と言われることがあります。それでも何もしないというのもよくありません。消毒をするなどケアをすることによってお肌の状態を早く安定させることもできます。どんなケアを行ってはいけないのか、ケアはいつまで続ければよいのかなど、クリニックに確認をしてみるとよいでしょう。塗り薬を処方してくれる場合もあるので、その場合には使い方をしっかりと守ってケアをする必要があります。またメイクに関しても行っていいのかいけないのか自己判断をしないで確認をするべきです。
お肌の表面にあるほくろやいぼにはそれぞれ種類があります。ほくろといぼの違いは表面に凹凸があるのかないのか、という判断が一番分かりやすいでしょう。どちらも良性のものなので治療を行って切除をすることはできます。しかし中には段々広がっていくタイプのものもあります。色が薄いところと濃いところがあったり、広がり方が異常な速さで進行をしている場合には悪性の可能性があるので、その場合には医療機関を受診しなければいけません。他の部位に転移をしてしまっていると、治療も困難になってしまいます。怪しい部分がない場合には、特に心配をする必要はありませんが、それでも気になってしまうということであれば切除を考えてみるとよいでしょう。ほくろやいぼが悪性に変化をすることはほとんどありませんが、不安であれば取り除いたほうが精神的にはよいということもあります。また部位によっても母斑という呼び方になったりしますし、骨にまで母斑が広がっている人もいます。生まれつき大きな母斑がある人もいます。

Copyright© 2019 ホクロのレーザー施術は安全で早く綺麗になる All Rights Reserved.